人によっては、手術まではしなくても、わきがの症状を改善することができたという人も少なくないようです。わきがときっぱり縁を切りたいので、手術をして、わきがのない体質になりたいという希望を強く抱くような人もいます。わきがの手術をしたいという人は、実際、どういった手術をして体質を変えることになるのでしょうか。アポクリン汗腺という汗腺があると、わきがになります。そのため、剪除法という手術で、アポクリン汗腺を除去します。治療効果が非常に高いことから、多くの病院で剪除法がわきが治療に用いられています。皮膚を切り、専用の器具を入れて、アポクリン汗腺も、皮脂腺も、どちらも取り除くという手術方法もあります。その他、わきがの手術には吸引法という方法もあります。わきの下の皮膚を数ミリ切って、そこから器具を挿入して、汗腺を吸引する方法です。アポクリン汗腺を分解するためのレーザーをわきの下に当てるという、マイクロレーザー法もあります。マイクロレーザー法は手術の痕跡がほとんどなく、短時間で手術を終わらせることができます。超音波法では、超音波を発する用具を切った皮膚の中に入れて、アポクリン汗腺を取り除いていきます。いずれの手術の方法も、いい点もあれば、注意すべき点もあり、一概にどれがいいとは言えません。手術方法ごとに、費用負担額や、体へのリスク、治療の内容も差があります。もしも、わきがの手術を希望するのであれば、手術方法ごとのメリット、デメリットを把握しておくことです。カウンセリングなどを利用して、自分のわきがの症状に適した手術方法を見つけましょう。